さいたま市浦和駅から徒歩2分の皮膚科

高梨医院皮膚科・美容皮膚科

診療時間:午前 9:00〜12:00/午後 14:00〜17:00

さいたま市浦和駅から徒歩2分の皮膚科

高梨医院皮膚科・美容皮膚科

おすすめ治療一覧
11-12月:ウルトラセル ¥16,200~
11-12月:イントラセル ¥42,500~
11-12月:インティマ360 ¥120,000~
ボトックス滴下法 ¥20,000→¥15,000/ウエットガーゼパッキング法 ¥25,000→¥20,000(10-12月)

おすすめ治療一覧を閉じる

花粉症治療

下記の治療は全て自費診療となります。
表示料金は税別です。

おすすめ治療
ボトックス滴下法 ¥20,000→¥15,000/ウエットガーゼパッキング法 ¥25,000→¥20,000(10-12月)

ボトックス滴下法 ¥20,000→¥15,000/ウエットガーゼパッキング法 ¥25,000→¥20,000 (12月末日まで)

花粉症ボトックス治療

適応症状・効果

  • 花粉症症状
  • 鼻汁
  • 目のかゆみ
  • など

花粉症ボトックス治療とは

高濃度のボトックス(ボツリヌス菌)を鼻腔に滴下、またはガーゼパッキングして、鼻の粘膜に浸透させます。

鼻の粘膜の副交感神経の興奮を抑えることで、花粉症による鼻水・目のかゆみを改善します。

他の花粉症治療との併用も可能です。

ボトックスはアラガン・ジャパン株式会社の製品を使用しております。

特徴

  • 鼻腔に滴下、またはガーゼパッキング後、約10分横になり鼻の粘膜に吸収されるのを待ちます。
    数十分~数時間で効果が現れ始めます。

  • ボトックスが流れて飲み込んでしまっても、喉の粘膜や嗅覚への影響もないとされています。

  • 副作用はほとんどないので、市販の飲み薬による眠気や倦怠感が苦手という方にもおすすめの治療です。

  • 眠気や倦怠感もないとされています。

  • 痛みはありません。(鼻に細い管を挿入する違和感のみ)

滴下法とウエットガーゼパッキング法の違い

滴下法

高濃度のボトックスを鼻腔にポトポトと滴下して、鼻粘膜に浸透させます。
効果持続は1週間~1.5か月程度です。

ウエットガーゼパッキング法

ウェットガーゼパッキング法は、濃度と量を調整したボトックスで浸したガーゼを、鼻の穴につめて浸透させる方法です。
効果持続は2週間~2か月程度です。滴下法より、効果持続期間は長いとされていますが、個人差があります。

治療の流れ

  1. カウンセリング

  2. 施術(所要時間約5分)

  3. 施術後は約10分横になっていただきます。

治療頻度・効果

  • ウエットガーゼパッキング法の場合、効果は約2週間~2か月間持続します。(個人差があります)

  • 滴下法の場合、効果は約1週間~1.5ヶ月間持続します。(個人差があります。)

  • ワンシーズンに2〜4回が目安です。

  • 小学校高学年のお子様から治療が受けられます。

副作用

  • ボトックスにアレルギーのある方は施術できません。

  • 効果がない方も稀にいらっしゃいます。

料 金

◆ 10-12月のおすすめ治療 ◆

  • 滴下法

    ¥20,000¥15,000

  • ウエットガーゼパッキング法

    ¥25,000¥20,000

※初診料¥1,000、再診料¥500を別途承ります。

※表示料金は税別です。