中用量ピルとは?作用・副作用や低用量ピルの違いについて解説

ピルには避妊や生理周期を調整する効果がある一方、こんな悩みもあると思います。

「ピルっていろいろな種類があってよくわからない」
「低用量ピルと中用量ピルの違いってなに?」

確かにピルの種類は豊富なので、わかりにくいですよね。

今回はそんな方のために、中用量ピルについて詳しくご紹介したいと思います。

この記事では低用量ピルとの違いや、どんな方におすすめなのかがわかります。

\ 初めての人にはクリニックフォアがおすすめ /


2,783

処方実績250,000件突破!
10種類以上取り扱い◎
オンラインで診察から処方まで完結
定期便でさらに15%オフ

クリニックフォア
公式サイト

※料金は税込価格

ピル(経口避妊薬)とは

2種類の女性ホルモンである「エストロゲン」と「プロゲステロン」を含んだ薬のことをピルといいます。

この女性ホルモンによって体内のホルモンバランスが変動し、避妊や生理周期のコントロールといった効果が現れます。

主に「中用量ピル」と「低用量ピル」の2種類が代表的です。

それ以外にもアフターピルやミニピルといった種類の薬もあります。

中用量ピルと低用量ピルの違い

中用量ピルと低用量ピルの違いは、配合されているエストロゲンの量です。

中用量ピルに配合されているエストロゲンの量は1錠あたり0.05mg以上ですが、低用量ピルは1錠あたり0.05mg以下です。

つまりエストロゲンの配合量が多い中用量ピルは、低用量ピルと比べると効果が大きいといえるでしょう。

月経日の移動に使用することが多い

中用量ピルは女性ホルモンの配合量が多く周期をコントロールしやすいので、月経日の移動を目的として使用することが多いです。

服用するタイミングによって月経を早める・遅らせるといった調整もできます。

避妊目的で使用することもありますが、現在は副作用のリスクが低い低用量ピルを使用することがほとんどです。

中用量ピルはその他にも、月経前症候群(PMS)や生理不順に対しても使用されることがあります。

参考:月経前症候群(premenstrual syndrome:PMS)|日本産科婦人科学会

月経を早める場合

中用量ピルによって月経を早める場合は、予定日の前の月経日初日から5日以内のタイミングで服用をはじめます。

このとき最低10日間は服用を継続しましょう。

服用をやめると2〜3日ほどで予定日より早い月経日が訪れます。

月経を早めるメリットとして、月経を避けたい期間中にピルを飲む必要がないことです。

旅行やお出かけといった先の予定が決まっている場合は、タイミングを早める方法がおすすめです。

月経を遅らせる場合

月経を遅らせる場合は、次回の予定日の5日前から遅らせたい日までピルの服用を継続します。

服用している間は月経がはじまらないので、避けたい日が過ぎたら服用を中止します。

月経を遅らせるメリットとして、早める方法と比較して内服手順がシンプルなことです。

そのためタイミングを守れば問題なく月経を遅らせることができます。

注意点として遅らせたい期間中にも内服する必要があるので、旅行中などに副作用が出現するかもしれません。

この点を踏まえて月経を早めるか遅らせるかを考えていきましょう。

アフターピルとして使用することも

中用量ピルはその他にも「アフターピル」として使用することもあります。

アフターピルは「緊急避妊薬」とも呼ばれており、性交後の緊急避妊を目的に使用する薬です。

性交後72時間以内に中用量ピルを服用することで80%以上の避妊効果があるといわれています。

服薬忘れなどで避妊の準備ができていない場合に使用しましょう。

中用量ピルの副作用

エストロゲンの配合量が多い中量用ピルは効果が大きい反面、副作用のリスクも高いです。

中用量ピルの副作用としては以下の状態があげられます。

・吐き気

・頭痛

・不正出血

・血栓症 など

このような副作用はホルモンバランスの影響が強いため、服用を継続していくうちに落ち着くことが多いです。

しかし副作用が長く続くときは医師に相談してみましょう。

場合によってはリスクの少ない低用量ピルに変更することもあります。

参考:低用量経口避妊薬(OC)とは(一般的有効性及び安全性)|日本産婦人科医会

低用量経口避妊薬 – 公益社団法人 日本産科婦人科学会

主に使用される中用量ピル

中用量ピルにはどのような種類があるのでしょう。

主に使用される薬や料金について詳しく解説します。

プラノバールが使用されることがほとんど

実際に使用される中用量ピルは「プラノバール」がほとんどです。

プラノバールは国産の中用量ピルで、料金相場として4,000〜8,000円といわれています。

注意点として中用量ピルはドラッグストアなどの市販薬ではないことです。

ピルの購入には医師の診察が必要なので、病院やクリニックといった医療機関への受診が必要です。

また近年ではオンライン診療で自宅にいながらピルの購入ができるので、忙しくて通院が難しい方でも問題なくピルを手に入れられます。

保険適応となる場合もある

中用量ピルの購入では、場合によっては保険適応となるケースがあります。

それが以下の通りです。

・月経困難症

・子宮内膜症 など

これらは治療として扱われるので、保険適応です。

避妊や月経の移動を目的とした場合は、自費診療として全額負担になるので注意しましょう。

中用量ピルを購入できるおすすめのオンライン診療ピル

処方実績国内No1
「クリニックフォア」

国内最安クラスのコスパと最短翌日到着のスピード対応で人気!

出典:クリニックフォア

クリニックフォアのおすすめポイント
・面倒な通院ナシ!オンラインで全て完結
・すぐに必要なときも!最短で翌日に到着
・乗り換えOK!初診料無料キャンペーン

\ピルが国内最安級・最短当日発送/

公式サイトはこちら

面倒な通院ナシ!オンラインで全て完結

クリニックフォアは診察からピルの処方まで全てオンラインで完結!面倒な通院や手続きはありません。

診察は電話診察・ビデオ診察の両方選ぶことができるので、対面では緊張する人や時間がない人には電話診察もおすすめ。予約の時間になったらクリニックから電話がかかってくるので電話料もかかりません。

避妊だけでなく、一時的な生理日移動やニキビや肌荒れ・PMSへのピルの処方も相談でき、一人一人にあったピルを処方してくれます。ピル処方実績は月間2万件を超えていて国内No1の処方実績のため安心感もあります。

初めてピルを使用する人でも乗り換えの人でもおすすめなクリニックです。

すぐに必要なときも!最短で翌日に到着

クリニックフォアなら最短で当日発送、翌日にはピルが到着するので、生理日の移動やアフターピルの購入ですぐにピルが欲しいときでもすぐに対応してもらえます。

ピルとわからないように包装してもらえるので、バレたり知られる可能性もありません。

 

また、ピルの服用を始めたあとの体調変化や困った時もいつでも医師に相談できるので、初めての服用の人にもおすすめです。
※診療時間やお届けエリアにより前後します

\ピルが国内最安級・最短当日発送/

公式サイトはこちら

クリニックフォアの口コミ

コスパが良い! ★★★★★以前は産婦人科で処方してもらっていましたが、それよりも料金が安く、使っているピルがなくなる前に新しいピルがポストに届くので、とても便利です。(20代女性)
すぐ到着する! ★★★★★登録から診察までがとてもスムーズで簡単にオンラインで完結することが出来ました。ピルの到着もすぐだったので使いやすく、2〜3度はもう利用させてもらっています。(30代女性)
たまにサンプルが入ってる! ★★★★★オンライン診療ですぐに処方してくれました。定期配送してくれて忘れることもありませんし、時折サンプル(プロテインバーなど美容関係のもの)も入っていて、届くのが楽しみです。(30代女性)
\ピルが国内最安級・最短当日発送/

公式サイトはこちら

おすすめな人 初めてピルを服用する方
おトクでコスパよく続けたい方
のりかえを考えている方
予約・診察 予約:Webから24時間
9時~20時
土日・祝日も対応
診察の方法 オンラインまたは電話診察
取扱ピル 低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
処方実績

年間25万件超え
ピル処方実績としては国内No1

お得定期便 あり
15%OFFでお届け
キャンペーン 他院乗り換えで初診料無料

お得なキャンペーン情報
▶︎乗り換え初診料料無料キャンペーン

他院からの乗り換えで初診料1,650円が無料のキャンペーン中!
他院ではピルの料金と別に初診料がかかってしまうので、このタイミングでぜひ登録しましょう。
※詳細は診察予約後のご案内を確認ください

キャンペーンを詳しく見る

まとめ

今回は中用量ピルの効果や低用量ピルの違いなどについてご紹介させていただきました。

効果が大きい反面リスクも高い、というのが中用量ピルの最大の特徴といえるでしょう。

服用を検討している方は副作用に注意し、適切な使用を心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です