アンジュ28のについて解説|アンジュ21の違いは?太るってホント?

経口避妊薬であるピルは避妊などに効果的といわれており、服用を考えている方もいると思います。

しかしピルといってもたくさんの種類があるので、初めての方にはどれを購入すればいいのかイマイチわからないですよね。

そこで今回は「アンジュ」というピルの効果や特徴についてご紹介したいと思います。

アンジュは避妊目的で使用されることが多い

アンジュは低用量ピルに分類されており、主に避妊を目的として使用されることが多いです。

そもそもピルとは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンという女性ホルモンを組み合わせたものです。

身体のホルモンバランスをコントロールすることで子宮のはたらきに作用し、避妊を行うことができます。

このホルモン量を最小限におさえたものが低用量ピルであり、身体の負担を少なくしてくれます。

他にも周期のコントロールやニキビの改善を目的として使用されるピルもありますが、アンジュは避妊に対しての使用がおすすめです。

第2世代は副作用が出にくい

低用量ピルには「世代」という分類があります。

これはピルに含まれる黄体ホルモンの種類によって1〜4世代の4種類に分かれ、アンジュは第2世代に分類されます。

第2世代のピルは「レボノルゲストレル」と呼ばれる黄体ホルモンが含まれており、副作用が出にくいことが特徴です。

3相性は不正出血が少ない

低用量ピルの分類は世代だけではなく、さらに「相性」というものがあります。

これは配合されているホルモンの量によって分類されており、1〜3相性の3種類に分かれます。

アンジュは含まれているホルモン量が段階によって異なる3相性のピルです。

3相性の特徴は「生理の時期にあわせて適切なホルモン量を服用できるから副作用が少ない」という点です。

自然な周期となりやすいため、身体にかかる負担を減らしてくれます。

しかしシート単位で生理周期にあわせて服用する必要があるため、連続した服用や周期の変更が難しいという側面もあります。

ピルの含まれているホルモン量が同じものが1相性です。

こちらは3相性と比較するとホルモン量が生理周期を通して一定である分、身体への負担は強くなりますが、周期を変更しやすいメリットがあります。

ピルを購入する際はこのような世代や相性も考慮してみましょう。

アンジュの主な副作用

アンジュは副作用が少ないといわれていますが、必ず出ないというわけではありません。

服用する方の状態や相性によって副作用が出る場合があります。

アンジュの主な副作用としては以下の状態があげられます。

・気分不快

・嘔吐

・頭痛

・むくみ

・乳房の張り

・不正出血

・血栓症 など

参考:低用量経口避妊薬(OC)とは(一般的有効性及び安全性)|日本産婦人科医会

低用量経口避妊薬 – 公益社団法人 日本産科婦人科学会

副作用は飲み始めの時期に多い

「ピルは副作用が怖い」「身体に悪そう」という印象を持つ方もいると思いますが、そんなことはありません。

副作用は飲み始めの時期に起こりやすいですが、1〜2ヶ月服用を継続すれば徐々に落ち着きます。

ピルによってホルモンバランスが変化し、身体に負担がかかってしまうことが副作用の原因です。

しかし服用の継続によって身体はホルモンの変化に慣れるので、負担が少しずつ減り副作用が出にくくなります。

なので副作用が起きたとしても、ひとまず服薬は継続してみましょう。

もし途中で重篤な状態になった場合は、速やかに医療機関の受診をしてください。

 

太るというウワサはむくみが原因

「ピルを飲むと太る」というウワサを耳にしたことはありませんか?

これは副作用の1つである「むくみ」が原因とされます。

ホルモンバランスの関係でむくみが生じることがあるため、それが「太ってしまう」という誤認につながっていると考えられます。

このむくみも一過性のもので、徐々に落ち着くので心配する必要はありません。

アンジュの飲み方

ピルによる避妊率は99.7%といわれていますが、正しい服用を行ってはじめて避妊効果が現れます。

アンジュの飲み方として、毎日1錠自分が決めた時間に服用してください。

生理がはじまった日の1日目〜5日目から服用を継続し、1週間ほどで効果が現れます。

飲み忘れると避妊率が低下する

ピルの飲み忘れによって避妊率が低下することがあります。

飲み忘れに気づいたのが服用予定時間の24時間以内でしたら、速やかに服用してください。

24時間以上経過してしまった場合は、その日は2錠服用しましょう。

また服用が遅れた日に性交する場合は、ピル以外の避妊手段も同時に行いましょう。

参考:低用量経口避妊薬 – 公益社団法人 日本産科婦人科学会

アンジュ28とアンジュ21の違い

「アンジュ28」と「アンジュ21」の2種類がありますが、その違いは偽薬の有無です。

ピルは毎日服用する必要がありますが、子宮の活動を完全に止めないように7日間の休薬期間が必要です。

アンジュ28には休薬期間にも服用できるように7日分の偽薬があり、アンジュ21にはありません。

この偽薬にはホルモンが含まれておらず、ピルの飲み忘れを防ぐために用意されたものです。

休薬後にピルの服用を忘れやすい方には、習慣づけができるアンジュ28がおすすめです。

アンジュ28が購入できるおすすめのオンライン診療ピル

処方実績国内No1
「クリニックフォア」

国内最安クラスのコスパと最短翌日到着のスピード対応で人気!

出典:クリニックフォア

クリニックフォアのおすすめポイント
・面倒な通院ナシ!オンラインで全て完結
・すぐに必要なときも!最短で翌日に到着
・乗り換えOK!初診料無料キャンペーン

\ピルが国内最安級・最短当日発送/

CM放送記念で今なら初診0円♪お得なキャンペーンを見てみる

面倒な通院ナシ!オンラインで全て完結

クリニックフォアは診察からピルの処方まで全てオンラインで完結!面倒な通院や手続きはありません。

診察は電話診察・ビデオ診察の両方選ぶことができるので、対面では緊張する人や時間がない人には電話診察もおすすめ。予約の時間になったらクリニックから電話がかかってくるので電話料もかかりません。

避妊だけでなく、一時的な生理日移動やニキビや肌荒れ・PMSへのピルの処方も相談でき、一人一人にあったピルを処方してくれます。ピル処方実績は月間2万件を超えていて国内No1の処方実績のため安心感もあります。

初めてピルを使用する人でも乗り換えの人でもおすすめなクリニックです。

すぐに必要なときも!最短で翌日に到着

クリニックフォアなら最短で当日発送、翌日にはピルが到着するので、生理日の移動やアフターピルの購入ですぐにピルが欲しいときでもすぐに対応してもらえます。

ピルとわからないように包装してもらえるので、バレたり知られる可能性もありません。

 

また、ピルの服用を始めたあとの体調変化や困った時もいつでも医師に相談できるので、初めての服用の人にもおすすめです。
※診療時間やお届けエリアにより前後します

\ピルが国内最安級・最短当日発送/

CM放送記念で今なら初診0円♪お得なキャンペーンを見てみる

クリニックフォアの口コミ

コスパが良い! ★★★★★以前は産婦人科で処方してもらっていましたが、それよりも料金が安く、使っているピルがなくなる前に新しいピルがポストに届くので、とても便利です。(20代女性)
すぐ到着する! ★★★★★登録から診察までがとてもスムーズで簡単にオンラインで完結することが出来ました。ピルの到着もすぐだったので使いやすく、2〜3度はもう利用させてもらっています。(30代女性)
たまにサンプルが入ってる! ★★★★★オンライン診療ですぐに処方してくれました。定期配送してくれて忘れることもありませんし、時折サンプル(プロテインバーなど美容関係のもの)も入っていて、届くのが楽しみです。(30代女性)
\ピルが国内最安級・最短当日発送/

CM放送記念で今なら初診0円♪お得なキャンペーンを見てみる

おすすめな人 初めてピルを服用する方
おトクでコスパよく続けたい方
のりかえを考えている方
予約・診察 予約:Webから24時間
9時~20時
土日・祝日も対応
診察の方法 オンラインまたは電話診察
取扱ピル 低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
処方実績

年間25万件超え
ピル処方実績としては国内No1

お得定期便 あり
15%OFFでお届け
キャンペーン CM放送記念で初診料無料

お得なキャンペーン情報
▶︎CM放送記念で初診料料無料キャンペーン

CM放送を記念して、今なら初診料1,650円が無料のキャンペーン中!
他院ではピルの料金と別に初診料がかかってしまうので、このタイミングでぜひ登録しましょう。
※詳細は診察予約後のご案内を確認ください

CM放送記念で今なら初診0円♪お得なキャンペーンを見てみる

まとめ

今回アンジュについての効果や特徴についてご紹介させていただきました。

避妊をしたい方にはおすすめのピルですが、目的によっては別の種類のピルが効果的な場合もあります。

医師と相談しながら、希望に沿ったピルを使用することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。