ピルの買い方は何が正解?高校生でも買える?気になる疑問を徹底解説

女性の健康管理の手段として定着し始めたピル。
あなたはどこで・どのようにして買えるか知っていますか?

実は、ピルは普通の薬のように手軽に買えるものではありません。
適切に使用するためにも、正規の買い方で入手する必要があります。

今回の記事では、ピルの適切な買い方を解説していきます!

ピルの正しい買い方は?

まずは、ピルがどこで買えるかを解説しましょう。

ピルには低用量ピルや中用量ピルなど、避妊や婦人科疾患の治療に使われるものから、避妊に失敗してしまったときのアフターピルまでさまざまあります。

それらはどのようにして買うものなのでしょうか?

医師による診察・処方が必要

2021年現在の日本では、ピルの処方は種類に関わらず、必ず医師による診察と処方が必要となっています。

ピルはメリットも大きい薬ですが、体質に合うかどうかは飲んでみないと分からない部分も。
また、初めて飲む人や持病がある人などは副作用が出ることもあるので、自己判断で開始・中止するのは危険な薬でもあるからです。

最近では対面方式の通常診療の他、スマホで完結できるオンライン診療も拡大しており、以前よりはピルへのアクセスは向上してきているといえます。

女性の社会進出が進むにつれて、ニーズが高まってきている証かもしれませんね。

薬局などでは買えないので注意

今までは病院でしかもらえなかった薬が、最近ではドラッグストアでの販売が認可されるケースも増えてきています。

鎮痛薬として有名なロキソニン(ロキソプロフェン)や、顆粒の総合風邪薬のPL顆粒などがその例ですね。

しかし、ピルはまだ市販化が承認されていません。
先ほど書いたように、ピルは個人の判断で扱える薬ではなく、必ず医療スタッフとの相談・監督のもとで使う必要があるからです。

ようやくアフターピルの市販化の議論が始まったばかりなので、薬局で買えるようになるのはまだ先になる見込みです。

今現在、市販薬としても取り扱いはないので注意しましょう。

ピルの買い方 気になる疑問を解説

医療機関での処方が必要というと、急にハードルが上がるように感じるかもしれません。

そもそもピルの処方には年齢・性別による制限があるのでしょうか?

ここでは、未成年の女性やパートナーである男性が気になる疑問を解説します。

高校生でも買える?

低用量ピルは、初経を迎えていれば飲むことができます。

ただ、年齢に関する規定は、クリニックによって差があるのが現状。
18歳未満は受診そのものができないところ、保護者の同意や同席が必要なところなどもありますので、事前に調べておくといいでしょう。

中には年齢制限なく受診できるクリニックもありますし、アフターピルなど緊急性のある薬については、年齢制限を設けずに診察・処方しているクリニックもあります。

このことから、高校生でもピルは購入可能といえます。

ただ、高校生といえば女性として成熟していく途中。
アフターピルはともかく、低用量ピルの服用は安易に決められるものではありません。

医師やスタッフとよく相談して服用するか決めましょう。

男性でも買える?

結論から言えば、男性はピルの処方・購入はできません。

医師による診察はどこのクリニックでも女性のみであり、男性はパートナーとして同席する以上のことはできないのが普通です。

男性のみで受診したり、ピルの処方をパートナーの代理で行うことも認められていません。

一部の通販サイトでは、処方箋なしでピルを購入できるところもあり、そこでは性別や年齢の確認はさされないようです。

しかし、こういったサイトで販売されているものは本物かどうかの区別が全くつきません。
通販サイトで安易に購入し、パートナーに飲んでもらうという行為は危険なのでおすすめできません。

通販や個人輸入がおすすめできない理由

最近は何でもネットで購入出来て、品質も安定しているのが普通。
それでもピルの通販をおすすめしないのは理由があります。

自分自身やパートナーの大切な体を守るために、きちんと理解しておきたい内容です。

正規の製品かどうかが分からず、中には違法サイトも

通販サイトのピルは、診察も処方箋も必要なく、中には大容量で安価なものもあって非常に魅力的に見えます。

しかし、本当に品質が良いのか、そもそも本物なのかどうかも分からないのが現実。

ピルは種類によってホルモンの含有量が決まっていますが、通販サイトには規定量に満たない配合のピルも紛れ込んでいます。

そういったピルを飲んでいても、十分な避妊効果が得られず、望まない妊娠をしてしまう可能性も否定できません。

また、ピルを個人輸入して転売する行為は薬機法違反です。
通販サイトの中には、そうした違法サイトも含まれている可能性があるので、知らないうちに違法行為に加担してしまう恐れもあります。

副作用が出ても対処できない

ピルはメリットも多いですが、副作用というデメリットも存在します。

特に初めてピルを使う人は、吐き気などの副作用が高い確率で起こるとされています。
また、血栓症などの重大な副作用が起こる場合もあり、正規のルートで買ったとしても絶対に安全とは言い切れないものです。

病院を通さずに非正規ルートで購入して服用し、万が一副作用が出たとしても、販売元からのアフターケアは一切ありません。

副作用が出てから受診しても、診察を経ていないので十分な処置ができないことも考えられます。

通院なしで処方できるオンライン診療が便利!

通販サイトでピルを購入することは大きなリスクを伴うことです。
そのような薬を自分で飲んだり、ましてパートナーに飲んでもらうということは非常に危険としか言いようがありません。

ピルが必要な場合・服用を検討している場合には、必ず医師の診察を受けるようにしましょう。

でも、婦人科外来に行ったり、医師と直接話す勇気がない…。
アフターピルが欲しいので、できるだけ早く処方してほしい!

そういう人には、オンライン診療によるピル処方がおすすめです。
夜間診療や当日予約に対応しているサービスも多いので、事前に使い勝手の良いサービスを調べておくといいでしょう。

参考:厚生労働省HP 「医薬品等を海外から購入しようとされる方へ」より

ピルの買い方に迷う人におすすめのオンライン診療ピル

処方実績国内No1
「クリニックフォア」

国内最安クラスのコスパと最短翌日到着のスピード対応で人気!

出典:クリニックフォア

クリニックフォアのおすすめポイント
・面倒な通院ナシ!オンラインで全て完結
・すぐに必要なときも!最短で翌日に到着
・乗り換えOK!初診料無料キャンペーン

\ピルが国内最安級・最短当日発送/

公式サイトはこちら

面倒な通院ナシ!オンラインで全て完結

クリニックフォアは診察からピルの処方まで全てオンラインで完結!面倒な通院や手続きはありません。

診察は電話診察・ビデオ診察の両方選ぶことができるので、対面では緊張する人や時間がない人には電話診察もおすすめ。予約の時間になったらクリニックから電話がかかってくるので電話料もかかりません。

避妊だけでなく、一時的な生理日移動やニキビや肌荒れ・PMSへのピルの処方も相談でき、一人一人にあったピルを処方してくれます。ピル処方実績は月間2万件を超えていて国内No1の処方実績のため安心感もあります。

初めてピルを使用する人でも乗り換えの人でもおすすめなクリニックです。

すぐに必要なときも!最短で翌日に到着

クリニックフォアなら最短で当日発送、翌日にはピルが到着するので、生理日の移動やアフターピルの購入ですぐにピルが欲しいときでもすぐに対応してもらえます。

ピルとわからないように包装してもらえるので、バレたり知られる可能性もありません。

 

また、ピルの服用を始めたあとの体調変化や困った時もいつでも医師に相談できるので、初めての服用の人にもおすすめです。
※診療時間やお届けエリアにより前後します

\ピルが国内最安級・最短当日発送/

公式サイトはこちら

クリニックフォアの口コミ

コスパが良い! ★★★★★以前は産婦人科で処方してもらっていましたが、それよりも料金が安く、使っているピルがなくなる前に新しいピルがポストに届くので、とても便利です。(20代女性)
すぐ到着する! ★★★★★登録から診察までがとてもスムーズで簡単にオンラインで完結することが出来ました。ピルの到着もすぐだったので使いやすく、2〜3度はもう利用させてもらっています。(30代女性)
たまにサンプルが入ってる! ★★★★★オンライン診療ですぐに処方してくれました。定期配送してくれて忘れることもありませんし、時折サンプル(プロテインバーなど美容関係のもの)も入っていて、届くのが楽しみです。(30代女性)
\ピルが国内最安級・最短当日発送/

公式サイトはこちら

おすすめな人 初めてピルを服用する方
おトクでコスパよく続けたい方
のりかえを考えている方
予約・診察 予約:Webから24時間
9時~20時
土日・祝日も対応
診察の方法 オンラインまたは電話診察
取扱ピル 低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
処方実績

年間25万件超え
ピル処方実績としては国内No1

お得定期便 あり
15%OFFでお届け
キャンペーン 他院乗り換えで初診料無料

お得なキャンペーン情報
▶︎乗り換え初診料料無料キャンペーン

他院からの乗り換えで初診料1,650円が無料のキャンペーン中!
他院ではピルの料金と別に初診料がかかってしまうので、このタイミングでぜひ登録しましょう。
※詳細は診察予約後のご案内を確認ください

キャンペーンを詳しく見る

まとめ

ピルは医師による診察・処方が必要です。

できるだけ周りに知られたくないという人もまだ多いと思いますが、自分やパートナーの大切な体を守るためにも、正しい方法で買うことが重要です。

オンライン診療も活用し、間違いのない買い方をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です