PMS(月経前症候群)とは?ピルを使ったPMS対策を徹底解説!

「生理が近づくとイライラして彼氏とケンカしてしまう」

「生理前は頭痛がひどくて仕事にならない」

そんな経験はありませんか?その症状は、もしかしたらPMSかもしれません。

今回は

  • PMS(月経前症候群)とは何か?
  • PMSにはピルが有効?

をテーマに、生理前に訪れる心や体の不調の解決策を提案します。

\ 初めての人にはクリニックフォアがおすすめ /


2,783

処方実績250,000件突破!
10種類以上取り扱い◎
オンラインで診察から処方まで完結
定期便でさらに15%オフ

クリニックフォア
公式サイト

※料金は税込価格

多くの女性がPMSで悩んでいる!まずはPMSを知ろう!

大切な身体の仕組みであるにも関わらず、タブー視されがちな「生理」の話題。それゆえに生理前の不調も、周りに相談できずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

まずは、生理前のトラブルの原因を知り、解決につながる糸口を見つけましょう。

PMSとは?生理前のつらい症状の正体

PMSとは、premenstrual syndromeという英語の略称で、日本語では月経前症候群と言われています。生理前、精神的or身体的にさまざまな不調や違和感を感じ、生理後に和らぐことが特徴です。

国立成育医療研究センターによると、約7割の人が生理前の不調を実感しています。

PMSは誰にでも起こりうることなので「自分だけかも…」と悩む必要はありません。
その特徴を理解し、あなたの心配や不調が解決していきましょう!

参考:約1万人の調査で約7割が月経前に身体の不調を経験
~4人に1人は月経前の何らかの症状が仕事や家事の支障に~|国立研究開発法人 国立成育医療研究センター

もしかしたらPMS?PMSの症状紹介

PMSが体に与える影響には、以下のようなものがあります。

  • 頭痛
  • 動悸
  • 吐き気
  • 不眠
  • 過眠、眠気
  • ホットフラッシュ(のぼせ、ほてり) など

症状の出方や度合いには個人差があり、心の変化を感じる人も多く存在します。

PMSが心に与える影響には、以下のようなものがあります。

  • 不安になる
  • 涙もろくなる
  • 落ち込みやすくなる
  • 集中力が低下する
  • イライラする など

気持ちが不安定になった結果、人間関係にも影響をおよぼすケースも少なくありません。

PMSの原因はホルモンバランスの影響?

なぜ、生理前に心や体に不調が訪れるのでしょうか?はっきりとした原因は解明されていませんが、プロゲステロンという女性ホルモンが一因と言われています。

プロゲステロンは、生理前に多く分泌され、妊娠しやすい体を作ろうとするのが特徴です。体の中に水分を蓄えたり、食欲を増進させたり、体温を上昇させる働きがあることから様々な症状を引き起こしていると考えられています。

病院では、症状の種類や生理周期との関連性を確認しながら医師の評価によって診断されるのが一般です。

PMSに効果があるのはピル!?ピルの種類や副作用を紹介

生理前の心や体の変化にお悩みの方には、ピルの服用がおすすめです。日本では馴染みの薄いピルですが、世界では4人に1人程が服用しています。
こちらの項目では、ピルの種類や副作用などについて解説していくので、ぜひ参考にしてください。

つらいPMSにはピルが効果的!

生理前の不調は、低用量ピルを服用することで症状が軽くなるとされています。

ピルには「エストロゲン」と「プロゲステロン」という女性ホルモンが配合されており、服用することで脳がホルモン分泌の必要は無いと判断します。

ピルと聞くと、避妊に使用するというイメージが強いでしょうが、実際には「生理痛」や「生理不順」「PMS」「肌荒れ」「子宮内膜症」など、ホルモンバランスと関係するさまざまな症状の緩和にも利用される薬です。

低用量ピルを服用しても、将来の妊娠率に変わりはありません。つらい症状を我慢せず、一度ピルを試してみると良いでしょう。

ピルの種類紹介!PMSに使用されるのは低用量ピル

PMSに処方される低用量ピルは以下の通りです。

  • 第一世代…ルナベル
  • 第二世代…アンジュ、トリキュラー
  • 第三世代…マーベロン、ファボワール
  • 第四世代…ヤーズ など

ひとくちにピルと言っても、色々な種類の薬が存在しています。上記は、配合されている女性ホルモンの種類によって分類されており、症状や患者の体質によって違ったものが処方されます。

原則として、PMSに対するピルの処方は保険適用外で自費扱いです。医療機関によっては自由診療でも、保険診療時と大きな差もなく処方を受けられることもあるので、事前に料金を確認するようにしましょう。

ピルの副作用は?本当に安全?

低用量ピルの副作用には以下のようなものが挙げられます。

  • むくみ
  • 頭痛
  • 腹痛
  • 吐き気
  • 胸の張りや痛み
  • 気分の落ち込み など

体がピルに慣れるまで、飲み始めてから2ヶ月ほどは副作用が出ることがあります。しかし、これらの症状は服用を続けると自然と軽くなるのが一般です。

吐き気などに対して処方を追加してもらえることもあるので、病院受診の際にはしっかりと自分のことを話せるようにしましょう。

ピルが効かなくなることがあるって本当?

ときどき「ピルを飲んで入たけど、途中から薬が効かなくなった」という声を聞きます。

先ほどPMSは、女性ホルモンのバランスによる影響で起こるとお話しました。しかし、実際にはストレスも関係しているとも言われおり、その不調がどこから来るものなのか、自身では判断が難しいでしょう。

万が一、薬の効果を感じられなかった場合は

  • いつごろから効果を感じられなくなったか
  • 環境や心境に変化はいないか
  • 服薬方法などを変えていないか

などを確認し、担当医に相談するようにしましょう。

PMSの緩和におすすめのオンライン診療ピル

処方実績国内No1
「クリニックフォア」

国内最安クラスのコスパと最短翌日到着のスピード対応で人気!

出典:クリニックフォア

クリニックフォアのおすすめポイント
・面倒な通院ナシ!オンラインで全て完結
・すぐに必要なときも!最短で翌日に到着
・乗り換えOK!初診料無料キャンペーン

\ピルが国内最安級・最短当日発送/

公式サイトはこちら

面倒な通院ナシ!オンラインで全て完結

クリニックフォアは診察からピルの処方まで全てオンラインで完結!面倒な通院や手続きはありません。

診察は電話診察・ビデオ診察の両方選ぶことができるので、対面では緊張する人や時間がない人には電話診察もおすすめ。予約の時間になったらクリニックから電話がかかってくるので電話料もかかりません。

避妊だけでなく、一時的な生理日移動やニキビや肌荒れ・PMSへのピルの処方も相談でき、一人一人にあったピルを処方してくれます。ピル処方実績は月間2万件を超えていて国内No1の処方実績のため安心感もあります。

初めてピルを使用する人でも乗り換えの人でもおすすめなクリニックです。

すぐに必要なときも!最短で翌日に到着

クリニックフォアなら最短で当日発送、翌日にはピルが到着するので、生理日の移動やアフターピルの購入ですぐにピルが欲しいときでもすぐに対応してもらえます。

ピルとわからないように包装してもらえるので、バレたり知られる可能性もありません。

 

また、ピルの服用を始めたあとの体調変化や困った時もいつでも医師に相談できるので、初めての服用の人にもおすすめです。
※診療時間やお届けエリアにより前後します

\ピルが国内最安級・最短当日発送/

公式サイトはこちら

クリニックフォアの口コミ

コスパが良い! ★★★★★以前は産婦人科で処方してもらっていましたが、それよりも料金が安く、使っているピルがなくなる前に新しいピルがポストに届くので、とても便利です。(20代女性)
すぐ到着する! ★★★★★登録から診察までがとてもスムーズで簡単にオンラインで完結することが出来ました。ピルの到着もすぐだったので使いやすく、2〜3度はもう利用させてもらっています。(30代女性)
たまにサンプルが入ってる! ★★★★★オンライン診療ですぐに処方してくれました。定期配送してくれて忘れることもありませんし、時折サンプル(プロテインバーなど美容関係のもの)も入っていて、届くのが楽しみです。(30代女性)
\ピルが国内最安級・最短当日発送/

公式サイトはこちら

おすすめな人 初めてピルを服用する方
おトクでコスパよく続けたい方
のりかえを考えている方
予約・診察 予約:Webから24時間
9時~20時
土日・祝日も対応
診察の方法 オンラインまたは電話診察
取扱ピル 低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
処方実績

年間25万件超え
ピル処方実績としては国内No1

お得定期便 あり
15%OFFでお届け
キャンペーン 他院乗り換えで初診料無料

お得なキャンペーン情報
▶︎乗り換え初診料料無料キャンペーン

他院からの乗り換えで初診料1,650円が無料のキャンペーン中!
他院ではピルの料金と別に初診料がかかってしまうので、このタイミングでぜひ登録しましょう。
※詳細は診察予約後のご案内を確認ください

キャンペーンを詳しく見る

まとめ

この記事では、PMS(月経前症候群)とピルについて解説してきました。

ポイントは以下の通りです。

  • PMSとは、生理前になると訪れる心や体の不調
  • つらいPMSにはピルの服用が効果的
  • PMSに対するピルの処方は保険適用外
  • 最初の1~2ヶ月は副作用が出ることがある

生理前の不調は当然と我慢する必要はありません。医療の力を借り、毎日を快適な気分で過ごしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です